本文へスキップ

DEEPLY JAPAN & SAIPANはスキルアップを推奨するショップです。

TEL. 072-278-1951

〒599-8235 大阪府堺市中区深井東町3015-408

CMAS・FAQCMAS&FAQ

CMASについて

1959年
世界で最初に各国の人々が水中活動を行ううえにおいて国際協力を達成するために諸国家の水中活動連盟が集まって設立。 ダイバー国際認定基準の創設及び普及をはじめ水中スポーツ、水中技術、水中科学の分野に分かれて活動し、UNESCO(国際教育文化機関)国際スポーツ連盟など、非政府機関として参加しています。CMASはインターナショナルカードです。
1966年
関東、中部、関西に各潜水連盟が設立され、日本では最古で最長となる指導実績を持つ関西潜水連盟”KD-JAPANが国内カードです。

RANK OF CARD

★この比較表は1996年8月3日のCMAS常任理事会において「PADI/USA」の公式見解とされたものです。
★現在のPADIさんのダイバーランク基準は定かではありません。
 一般呼称  CMAS  PADI・他営利団体
 スクーバーダイバー  該当なし SD ●水深12mまで ●インストラクター同伴条件 
 オープンウォーターダイバー  1STAR-DIVER ※1 OWD ●水深18mまで ●ボートダイブ・他のテクニカルダイビング不可
 アドバンスド オープンウォーターダイバー  1STAR-DIVER ※1 AWD ●ボートダイブなど数項目の講習を受講が必要
 レスキューダイバー  2STAR-DIVER ●1STAR取得後タンク26本以上、検定合格で取得 RED ● 講習を受講して修得
 マスター スクバーダイバー  該当なし  MSD ●比較不可
 ダイブマスター  3STAR-DIVER ●トレーニング期間を経て検定合格で取得  DM ●講習を受講※詳しくは各指導団のHPを参照のこと
  • ※1 CMASでは制限はありませんが、ダイビングの経験が少ない方や初めてのエリア、ポイントでダイビングをする場合は経験豊富なインストラクターのレクチャーを受けるか、一緒にダイビングすることを推奨しています。当ショップではスクール期間内では受講生のみなさんがボートダイビングなどに参加出来るスキルに達していないため、後のファンダイブ時に経験を積んで頂き、ボートダイブを安全に楽しめるまでレクチャー致します。レクチャーは無料です
  • 1STAR取得後、タンク経験本数26本以上で検定に合格すれば2STARが取得出来ます。他のCMASショップにはSP(スペシャリティ)を設け講習を行っているところもありますが、基本的に国内カード(裏面)のSPです。CMASにはSPは存在しないので、当ショップはCMASの理念からSP講習やランクアップ講習のメニューは設けておりません。上位カード取得をお申し出のお客様には参加して頂くファンダイブの中で少しずつトレーニング織り交ぜて実施してスキルアップを図り、検定合格の自信が持てるまで続けることが可能です。したがって講習費やトレーニング費用は不要です。
  • PADIさん以外の指導団体は解りませんが、PADIさんのカリキュラムはしっかりとした良いものであることは断言できます。私達との違いは、自立ダイバーを育てる方法やポリシーの違い、また、非営利団体(CMAS)か、営利団体(PADI)の違いです。営利目的の場合、多くのカードを発行してショップの経営が潤滑に行くよう考えられたマネージメントなのです。私達の非営利団体は海が好きでファンダイブを楽しんだ謝礼(ガイド料など)を頂ければ良いと考えています。海外でGuide feeと呼ばれるのはそのためです。

サポート情報(FAQ)

サービス関連

Q.他の指導団体カードですが参加は可能ですか?

A.ご参加頂けます。最初の参加時にチェックダイブをお願いする場合があります。

Q.器材を持っていないのですがレンタルは可能ですか?

A.大丈夫です。但し、胸囲や腹囲が100cmを超えるサイズのレンタル器材は完備しておりません。多くのショップや現地サービスでも完備していないことがあるので、該当するお客様は事前にお問い合わせ下さい。

Q.一年以上潜っていないのですが参加出来ますか?

A.大丈夫です。リフレッシュダイブにご参加頂いて、習ったことのおさらいして思い出すまでゆっくりと行います。ファンダイブにご参加の方とは別に開催しますので安心してご参加下さい。

Q.他のショップよりスクール料金が高いのは何故ですか?

A.CMASの1スターダイバー(OW)はPADIのアドバンスドダイバーカード(AWD)と同クラスです。ボートやディープダイブは各講習後でなくてはならないなどの制限はつきません。しかし、各ダイブスタイルにはトレーニングやレクチャーが必要です。スクール終了後のファンダイブの中で無料でレクチャー致します。安い料金で募集して、後の講習で儲けようとしないからであって、スクール開講費用はどこも大差はありません。総額で比較、検討下さい。


器材関連

Q.スクール受講の際に器材購入が必要ですか?

A.必要ありません。「ダイビングを続けることが出来る」と、ご自身で判断されてからの検討をお勧めします。

Q.○○の器材の購入は出来ますか?

A.当ショップではダイビング料金を安く抑えるため一部の器材と消耗品以外の在庫はしておりません。ツアーにご参加頂ければあなたに会った器材のご提案を行い、その上で発注いたします。又はご自身の判断で他店購入して下さい。


バナースペース

ディープリー ジャパン

〒599-8235
大阪府堺市中区深井東町3015-408

TEL 072-278-1951
FAX 072-278-1951
E-Mail:info@deeply-jp.com


ダイバーとヤシ


ダイバーとヤシ

ダイバーの準備風景

ダイビング中